メタボリック症候群の予防

メタボリック症候群を予防する事は、いつまでも健康でいたい人にとって大切です。


どのような体質のことを、メタボリック症候群と呼んでいるのでしょう。


内臓脂肪の体内の量が多いと、メタボリック症候群の可能性があり、内臓回りに脂肪が多い人は要注意です。。


メタボリック症候群がなぜいけないかというと、糖尿病や高血圧症、高脂血症などの病気を引き起こしやすいからです。


一つ一つの症状は深刻なものではなくても、いくつも誘発することで動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞の原因になることがあります。


メタボリック症候群を予防することは、糖尿病や高脂血症を予防することになり、ひいては脳卒中や心臓病の予防になります。


まずメタボリック症候群の予防をする前にメタボリック症候群かどうか判断する基準について理解しておく必要があります。


日本国内の基準においては、次に挙げる項目の中から3つ以上があてはまるという方がメタボリック症候群と見なされます。


メタボリック症候群と見なされる人は、女性は胴囲90cm、男性は85cmあり、かつ150mg以上の中性脂肪、40mg以上のコレステロール、130mmHg以上の最大血圧、110mgの空腹時血糖値がある人です。


メタボリック症候群は、あてはまるという時でも、そのことが直接的な原因となって命が危ないという類のものではないようです。


メタボリック症候群の予防は早いに越したことはありませんから、日頃の生活習慣や食習慣を意識して改善していくことで対策を立てていってください。


メタボリック症候群の予防には、食事と運動に気をつける必要があります。


食事はバランスの良い食事という事を念頭において、毎日3度きちんと食べる事が大切です。


カロリー面に気を配ることも大事ですが、メタボリック症候群の予防はローカロリーだけではできません。


肉や油脂製品を控え、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取するため野菜や果物を食べましょう。


飲酒や喫煙の習慣もメタボリック症候群に関わりがあると考えられていますので、必要なら量は減らしていきましょう。


週に1、2回の水泳やウォーキング、ジム通いなどの適度な運動の習慣もメタボリック症候群予防になります。


仕事や家のことでスケジュールがみっちり詰まっていて、メタボリック症候群予防のための運動をする余裕が全くないという方もいます。


エレベーターを使う習慣をやめ、階段にするという方法もあります。


電車時間を今までより早めて、手前の駅で降りて歩く習慣をつければ、意識せずとも自然とウォーキングができます。


毎日の生活リズムは崩さず、少し変えるだけでコツコツと運動を続けられます。


外出の用事がある時は自転車や徒歩移動を積極的に使うのもいいでしょう。


メタボリック症候群の予防で大事なことはとにかく続けることです。


最初に頑張りすぎると、長く続かないこともあるようです。自分の食習慣や生活習慣を見つめなおして、メタボリック症候群の予防をしてみませんか。



メタボリック症候群の予防